2011年12月22日

hamago × izumi glass studio Xmas 自宅展

明日から3日間、自宅にてイベントを開催です。

あまり広くはありませんが、ゆっくりガラスの器、染め物を手に取ってみていただけるようにしています。
また、自宅ならではのいろんなもの・いろんな場所との「合わせ」も一緒に楽しんでいただけましたら嬉しいです。

小さなお子様がいらっしゃる方もぜひお気軽にいらしてください。
うちには2歳の子がいますので逆にお騒がせすると思いますが、ご容赦ください(笑)
玩具や絵本はもちろんのこと、オムツ替えや授乳、お昼寝もできる場所を用意しています。

お一人の方、はじめての方もお気軽にどうぞ。
作品に関わらず(笑)、どこかでお会いしていながらもゆっくりお話できなかったかたも、この機会にぜひ。

場所が分かりにくく、集落内も迷いやすいですので、できれば事前にお電話かメールをいただけると助かります。
目印やルート(あるいは待ち合わせ場所)などご案内いたします。

ご来場、お待ちしております。


hamago × izumi glass studio Xmas 自宅展
2011.12.23(fri) - 25(sun)  open 10:00 - 17:00

【 会 場】
星名 康弘・星名 泉 自宅
〒953-0012 新潟市西蒲区越前浜5408-1
※今回の会場は工房ではありません。ご注意ください。
【 お問合せ】
iPhone 080-3191-1256(星名康弘)
hoshina@hamago.com(星名康弘)

今回のチラシは下記をクリックしてください(MAPがあります)
hiXmas展2011.pdf

IMG_9690.jpg

IMG_9833.jpg

IMG_9789.jpg


※お知らせ※
ホームページをリニューアルしました。
イベント情報を、できるだけ先まで書くようにしていますので、ぜひご覧ください。
またホームページ内には、このブログとは別に、「仕事の日記」と「暮らしの日記」も書いています。
日記とは言いながら、毎日書いていない上に、思い出したようにさかのぼって書いたりもしています。
そちらもぜひご覧ください。
http://www.hamago.com
posted by hamago at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月28日

「潟の恵み会」ハス染め手拭い創作体験

昨日は、新潟市西区赤塚にある佐潟のほとりで開催されている「潟の恵み会」さんにお声がけいただき、ハス染めの体験会でした。
会場は佐潟の眺めがとてもよい、金久食堂さん。
お昼ご飯を含み2時間半という短い時間でしたので、今回は私が染めていった手拭いにオリジナルの柄を入れていただくプログラムとしました。

染料は、もちろん佐潟のハス。
鉄媒染で鼠色に染めていきました。
媒染?
表現適切でないかもしれませんが、ようは布に染め着いた植物の色素に、鉄がくっついて(反応して)鼠色になるのです。
その手拭いに、ある液体をつけて、色を変えていきます。
今回はレンコンの輪切りの判子を用意して、押していただきました。
またフリーデザイン用に筆も。

ここでスタンプのインク代わりにつかったのは、布にくっついた鉄を錫にチェンジさせる液体。
「ハスの色素+鉄=鼠色」でしたが、 錫とくっつくとベージュ系の色合いになります。

みなさん、楽しそうにスタンプ!
筆でも、文字や図柄を!
参加された皆様同士、そして私とも(笑)、掛け合い漫才のような楽しい会話。
和気あいあいという言葉がぴったりな、ひととき。

図柄が完成したあとは、私がおあずかりして、みなさん昼食。
潟の恵み、ヒシの実の塩ゆでが添えられていました。

おあずかりした手拭いは、乾燥ののち、スチームアイロンで簡易に蒸して、よーくすすいで脱水。
スタンプしたてのときのぼやっとした柄が、ここでようやくくっきり現れてきます!

食後に、お一人ずつ手渡しして、みんなで作品掲げて記念撮影。

大きな窓から、広がる佐潟の景色と心地いい風。

きっと、こんな過ごし方自体もステキな潟の恵みですね。

はす.jpg

スタンプ.jpg
posted by hamago at 02:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月26日

植物採取から染め上げまで 〜 一日染め体験

この土曜日は、工房で染め体験のお客さま。
定期的に通って、いろいろ染めてみたいとのことでしたので、初回となる今回はまず通しで染めてみることに。

台風のあとで荒れた工房の外回り。
早朝から片付けるも、思うように進まず。
でも気持ちのいい晴れ。
それだけで救われるここち。

10時ころ最寄りの高速バス降り場へお迎えにあがり。
工房で待つのとはひと味違う、おもてなしの気持ちの高揚。

工房に着いてそうそうに、合歓(ネム)の木の葉を採取。
縁側で、枝から葉を切り分け、ときおり計量。
結局目標の3倍量に達し、贅沢にそのすべてを寸胴鍋に投入。
コトコト煮出し。

染めるものは、コットンバッグとコットンハンカチ。
熱い湯に浸し、染料の煮出しを待ち。

お昼は、持参のお弁当で、座敷に用意してある応接ソファにてくつろいでいただき。
天気もよく、戸をすべて開放し、座敷と縁側と庭が一体。
心地いいひととき。

色は明るい黄色をご希望だったので、レモン色を目指して発色のための媒染はミョウバンを使用。
合歓の葉を煮出して作った染液と、ミョウバンを溶かした媒染液を、いったりきたり。

途中、もう1名、藍染め体験のお客様も合流。
ほか、工房見学の3名のお客様。

みなさま、とても気さくでステキな方々。

終始、楽しく会話も弾み。
しっかりとしたレモン色に染め上がり。

一日体験のお客様は、次の染め内容を打ち合せしたのち、高速バス乗り場までお見送り。
泉と涼も同乗して、家族総出(笑)。

お見送りの後、出先で家族の夕食。
しっかり食べずに遊びまくる涼に、ヤキヤキ。
まぁ、そんなときもあるか。

それにしても、とても心地よい、ステキな一日でした。


IMG_9376.JPG


IMG_9379.jpg
posted by hamago at 03:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記